2013年05月15日

志度図書館開館10周年記念事業!「はたこうしろうお絵かきワークショップ」 インタビュー編







「たっくん」ですひらめきひらめき



5月12日、さぬき市生涯学習館で開かれた

「はたこうしろう」おえかきワークショップ!




DSC_0373.JPG



なんとexclamation×2exclamation×2


はた先生へのインタビュー、成功ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


感動だぁああ!!




ドキドキしながら、控室に入ります!

はた先生だあああ(*゚▽゚*)





自分の鼓動が聞こえる。。。

自己紹介をすまし…





インタビュー開始るんるんるんるん














たっくん(以下「た」)

「今日のワークショップはいかがでしたか? さぬきの子どもたちの印象は?」


はた先生(以下「は」)

「都会の子どもと違って、とても元気ですね。
 僕が手伝わなくても、勝手に色々と面白いことをして絵を描くので、
 見ている僕も楽しかったですね。」





DSC_0362.JPG








た「このワークショップについて教えてください」


は「この、ワークショップは約10年前から始めました。僕の絵本をたくさん読んでほしいという気持ちもあるんですが、ワークショップは子どもたちに自由に描くことの楽しさを体験してほしい。」


は「絵本は、既成概念を子どもたちに植えつけるようなものなんですよ。だから、ワークショップはその逆をしたい。そう思っています。」



は「ボクは、具体美術協会という団体の信念を受け継いでいきたいと思っています。今、僕が子どもたちにできることをしていきたいですね。」


は「なのでワークショップに関して、もし来てほしいと依頼が入ったら、どこへでも行きます。もっともっと、子どもたちに自由の楽しさを伝えていきたいですね。」










DSC_0524.JPG




た「読み聞かせをする上での、コツや楽しみ方を教えてください。」



は「大事なのは、その子が読みたい本を読み聞かせることですね…」


は「ほかの人が選ぶんじゃなくて、その子が面白いと思える本を読んであげてほしい。」


は「絵本を子供と遊ぶ道具だと考えて読んでほしい。作家の意向にそって読まなくてもいいい。なので、絵本の通りに読まなくても、脱線してもいいと思います。」


は「脱線しすぎると子どもが止めてくれるので、止めるまで脱線するのはOKなんですよ。」













た「はた先生にはお子さんがいらっしゃいますが、家庭ではどんなお父さんですか?」 



は「いやぁ、子どもにのびのびと成長してほしいといつも思っているんですが、つい怒ってしまいますね。
  けど、できるだけ子どもと一緒にいる時間はもうけています。」

は「休日は、倉庫の壁と床に工事のときに使う青いビニールシートを貼り付けて、今日みたいな大きなキャンバスに絵を描いたりしますよ!」



は「それから、月に一回は子どもと田舎に行きますよ。
  やっぱり、田舎に行くと楽しそうに泥だらけになってカエルや昆虫を採りますね。」






DSC_0527.JPG






た「子どもと上手にかかわれないお父さん方に、何かいいアドバイスをいただけませんか?」



は「うーん、やっぱり子どもとできるだけ一緒にいてあげてほしい。
  近くにいないのに接し方がわからないって言うんじゃなくて、
  まずは少しでもいいから子どものそばにいてほしい。」

は「あとは、スキンシップ。
  だっことか、相撲をとってみたり、一緒のふとんで寝るとか…とにかく
  いっしょに過ごす時間を増やすことだね。」


た「家でお子さんと相撲をとっているんですか?」


は「やってますよw」
















た「はた先生は、5歳の自分自身にプレゼントするつもりで絵本を作っていると聞きましたが、どんな子どもだったんですか?」



は「はっはっは、子どものころか…うーん」

は「僕には7つ上の兄がいたんですが、兄が昆虫採集をしてて、僕もそれに影響というか・・・ カエルとか色々昆虫を採ってましたね。」


た「今、一番好きというか気になっている昆虫、動物はありますか?」



は「東京サンショウオだねぇ。」


















た「さぬき市の人はどうですか?」




は「人懐っこくて、面白い感じの人が多いね。
  田舎だけど、しゃれた人が多いね」




た「さぬき市を色で例えてください。」




は「緑!」(即答)


た「なぜですか?」


は「やっぱり自然がね。山とかもおもしろいね、お椀みたいで。」













DSC_0528.JPG


最後にサインもしていただきました!


ボクが持っていったのは、「なつのいちにち」という絵本。
はた先生がすべて監修した作品。





DSC_0529.JPG


こちらのサインにも、丁寧に絵を添えてくれました。


感動です…

めっちゃ感動です(;_;)






DSC_0531.JPG




今年、はた先生は今まで以上に多くの作品を出版される予定だそうです!!
はた先生の今後の行動から目が離せません!



DSC_0534.JPG



子どもたちに伝えたい想いをいっぱい持った、

とても暖かく、そして心の大きな人でした。

このワークショップに参加した子どもも大人も、もちろんボクも、

今日のことを忘れないでしょう。









長いインタビューにも、いやな顔ひとつせず答えてくださった、はたこうしろう先生!

豊かな時間でした!

本当にありがとうございました!!!!





          おまけ
IMG_1730_R.JPG
はたこうしろう先生、源内でカレーうどんを食べる(*゚▽゚*)

志度図書館開館10周年記念事業
「はたこうしろうお絵かきワークショップ」
開催場所/さぬき市志度図書館横ふれあいコーナー【地図
注)地図は志度図書館になっております。
問い合わせ先/さぬき市志度図書館(TEL:087-814-2678


【関連記事】








posted by sanuki-asobinin at 19:59| 香川 ☁| Comment(0) | イベント・お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。