2013年07月04日

【竹林茶会 事前取材】茶会ポスターの秘密 @志度


来る今週日曜日、7月7日に開催される
「竹林上人追善茶会(通称:竹林茶会)」のポスター

竹林茶会とは…
http://sanuki-asobinin.seesaa.net/article/368233700.html?1372945024

遠くからでも、竹の絵が心を惹きます。

IMG_2170_R.jpg

実は…このポスター
ある方がわざわざ山へ竹をスケッチに行き

一枚一枚、丁寧に手書きしたものなのです!!



その方は、「岡野 景舟」さん

IMG_2167_R.jpg

志度水墨画会の代表であり

ご自宅で墨彩画指導もされていますひらめきひらめきひらめきひらめき


そうなんですexclamation×2exclamation×2
岡野さんが、竹林茶会ポスター20枚を一人で描いたんです!






今回は、
絵が置いてあるという、ご自宅へお邪魔させていただきましたるんるんるんるん

墨絵だけではなく、様々な絵を描かれる岡野さん。

IMG_2129_R.jpg


IMG_2132_R.jpg

こちらは秋の紅葉を描いたもの

IMG_2133_R.jpg

こちらは五剣山
曇り空の日に描いたそうですどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)


そして、こちらは日本一の名松とも言われた、真覚寺の岡野松を描いたもの
畳4枚分の六曲二双の大作

IMG_2134_R.jpg



作業場にもお邪魔しました。

IMG_2135_R.jpg


生き生きとしたタッチの、竹の絵の巻物を発見!

IMG_2137_R.jpg


こちらは、実際に様々なところへ出向いて描いたスケッチブックぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

家に持ち帰り、思いをのせて仕上げていく…のだそうです。

IMG_2140_R.jpg

IMG_2146_R.jpg



幼い頃から絵を描くのが好きだった岡野さん

IMG_2166_R.jpg

若い頃には竹林茶会の日に真覚寺の門前で絵を描いては
志度の人々に見てもらったとか…

しかし、本業は画家ではありません。

海を相手に仕事をしながら、

絵はあくまでも趣味として描き続けていらしたそう。

今でも、11月〜4月には海に牡蠣を取りに行くそうですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



と…岡野さん、おもむろに絵を描きだしました。

IMG_2159_R.jpg

さらさらと流れるように・・・

何のためらいもなく・・・

ボクがあっけに取られている間に・・・

雅号の「景舟」の判を押して

わずか10分程度で、はい出来上がり!!

IMG_2172_R.jpg


いともたやすく描いているように見えるのですが、
とても繊細で、かつ技術を要するんです。

ずっと描き続けた50年という年月と、多くの経験に培われた芸術ですね…



「絵を描くことは、自分の顔を描くことや」

そして、

「人を喜ばすためには、自分がまず感動しないといけない。

だから、僕は五感を使って匂い・色・音を感じて

それを絵にするんや。」


と、おっしゃる岡野さんは、優しく微笑みました。

IMG_2151_R.jpg


お茶会当日7月7日(日)

竹林庵では

実際に岡野さんが絵を描いて下さいます!
購入することもできるので…お楽しみに!!




【関連記事】




posted by sanuki-asobinin at 22:30| 香川 ☔| Comment(0) | 達人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。