2013年08月25日

津田の松原の歴史に触れる…@津田


やっちです♪

津田の松原には、文化、芸術の著名人も訪れています。
数多くの映画の撮影も行われた場所なんですよ!
無料休憩所にも、当時の写真が飾られています(*^▽^*)

鶴身さんとの津田の松原散策にて回った場所の一つである、
恵比寿の松…実は、20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人、
板画家の 『棟方志功』 が
「四国でいちばん素晴らしいところだ!この松は世界一の松である!」
と絶賛したんです!!

棟方志功は 『版画家』 ではなく 『板画家』 と自分を呼称したくらい、
木に思い入れの深かった人物なんです(*^▽^*)

恵比寿の松の横に記念碑があります♪

IMG_3895.jpg

IMG_3893.jpg

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『棟方志功』 が絶賛した恵比寿の松以外にも歴史あるものが残されていて、
その中に…『琴林碑』 と言うものがあるのをご存知ですか??


「琴林公園」の名前の由来…
儒学者の皆川淇園と藤沢南岳が、津田の松原について書いた文章が
『琴林碑』 に残されています。

『琴林碑』 は2箇所にあります。
下の写真の物は
大正15年12月、浪華僑客東讃藤沢恒撰 長尾甲書
皆川淇園撰文の『琴林碑』。

IMG_3882.jpg

IMG_3877.jpg
※クリックすると大きな写真でご覧いただけます。

東讃津田村の安芸栄柱の子、栄尚が皆川淇園の元にきて
「私の村の南方に八幡神社があるのですが、その東に長さ三里も続いた
松原があるのです。
前は海に臨んでその松の数は無慮数千株、どれもこれも皆珍しい形をしていて、
おまけに白砂緑陰、それこそどんな絵もかなわないほどでございます。
清風がこれに入れば琴を奏でるのにも似ています。
それで琴林という名がついています。
あの播州の舞子の浜は都からの往還に当たっているからこそその名が
特にあらわれているのでしょう。
私の方の琴林は、その地がへんぴな所にあるから、その景色は舞子の浜に
優れていても、世の人のほめたたえるところとはなっておりません。」
「今お目にかかったわけは、どうかして先生の筆の力をお借りして
松原の優れていることを天下に広めたい念願でございます。」
と話したんだとか。

皆川淇園は
「大体世間で名勝だ、美景だ、というのは大抵都会の近くか、
往還(人が行き来する道)沿いの便利な所だ。」
と共感し、早速書き留めたのだと書かれています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

続いてこちらは
明治30年1月、浪華僑客東讃藤沢恒撰 長尾甲書
藤沢南岳撰文の琴林碑。

IMG_3885.jpg

IMG_3884.jpg
※クリックすると大きな写真でご覧いただけます。

「幾千株という松が風を受ければ
その琴のひびきの美しいことおして知るべきである。
これ琴林の名があるゆえんである。
海風がこれに当たれば、天然の音楽を奏で、
人間界の音楽の遠く及ばないところである。
皆川淇園翁もかつてこれを書いたところである。」
と琴林と名付けられた由来が記されています。

当時大阪に居た、津田村出身の八木弁助という方が、
村人と相談して碑を作ろうとのことで、藤沢南岳の元を訪ね碑文を求めました。
藤沢南岳自身も、津田村に行くたびに必ず友人と林間を歩いていて、
これほどの美景でありながら、その位置が南にあるので、
都人士(都会に住んでいる人)が知らないことを惜しんだのだとか。
藤沢南岳の松原に対する思いが込められた文章が残されています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

棟方志功が愛した松の素晴らしさに触れ、琴林碑では刻まれた二人の儒学者の
津田の松原に対する思いが伝わり、さらに津田の松原の良さを感じました。
琴林公園の名前が付けられた、琴の音のような音…やっちも聞いてみたいなと
思いました…。
海・砂浜・松…これからもこの美しい松原を大切にしていきたですね。

松原の歴史を垣間見ることができる『琴林碑』と『棟方志功の松』。
皆さんも是非立ち寄ってみてくださいね(*^▽^*)


津田の松原・琴林公園 【地図
アクセス/
車の方は…高松自動車道 津田東IC、津田寒川ICより約2km
電車の方は…JR高徳線「讃岐津田駅」下車、徒歩10分ほど
駐車場/あり

今回紹介した 『棟方志功の松』 『琴林碑』 の場所マップはこちらをクリック!
※場所は大体の場所となっております。誤差がある可能性をご了承くださいませ。

posted by sanuki-asobinin at 06:00| 香川 ☁| Comment(0) | 歴史・文化財 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。