2015年07月29日

祝☆優勝!甲子園出場!『藤井学園 寒川高等学校』応援レポ@第97回全国高等学校野球選手権香川大会決勝

はっとーです
2015年7月28日(火)、高松市・レグザムスタジアムにて行われた
第97回全国高等学校野球選手権香川大会決勝。

さぬき市寒川町にある
DSC_1219.JPG
藤井学園寒川高等学校
が見事ぴかぴか(新しい)優勝ぴかぴか(新しい)しました!

そして、6年振り2回目の甲子園出場決定!!

DSC_1222.JPG
寒川高校の応援にかけつけた寒川高生や保護者、OBの皆さんと
優勝決定直後の寒川高校野球部にお話をお聞きしました〜!







DSC_0834.JPG
最高気温34度だった、昨日の高松市。
決勝の1時間前のレグザムスタジアム。
炎天下、早くも多くの人が足を運んでいました。

DSC_0836.JPG
今日の決勝で対戦するのは、藤井学園寒川高等学校と丸亀市にある丸亀城西高等学校。
寒川高校が決勝に進出するのは初優勝した2009年以来、6年ぶり5度目。
丸亀城西高校は前回優勝の2005年以来、10年ぶり10度目。

丸亀城西高校野球部は、前回の春の県大会を優勝している強豪チーム。
一方、寒川高校野球部はシード1位だった英明高校野球部に準決勝で逆転勝利するほど、今ノリにノったチーム!

DSC_0832.JPG
「寒川」の文字が入ったポロシャツを着ていた、藤井学園寒川高等学校野球部保護者&家族の皆さんにレグザムスタジアムの前で出会うことができました。

県外出身者も多い、寒川高校野球部。ご家族の方もこの日のために県外から駆けつけていました。

寒川高校の特色である「守りのリズム」を作り出す3年ショート永福くんのお父さんとお母さんは滋賀県から。
「怪我をしてからの大会だったので、特別な気持ちがあると思う。やるしかないという気持ちでいつも通りで頑張ってほしい」と話していました。

そして、兵庫県からいらした、3年サードのキャプテン・金川くんのお母さんは
「ここまで対戦してきたチームの方の思いものせ、頑張ってほしい。子どもたちは諦めない気持ちがとても強い。私たちができることは信じて応援するだけ。きっと勝ってくれると信じています!」と語っていました。

このあと野球部のOBの方たちとも合流して、100人を超える大応援団として寒川を応援するのだそうです。


DSC_0840.JPG
寒川高校の生徒の皆さんもスタジアムに到着していました。
課外授業で参加出来ない3年生以外の寒川高生全員で応援するのだそう!


DSC_0841.JPG
生徒の中に「Sangawa」のロゴが入ったユニフォームを来た体格の良い生徒を発見!
「野球部ですか?」と声をかけたところ、ではなく、寒川高校普通科スポーツ選択コースの生徒でした。


普通科スポーツ選択コースの彼らは野球部の多くと同じクラスで、県外出身者の野球部員と同じ寮で暮らしているのだそう。
今着ているユニフォームも野球部員から借りたものなのだとか。

「寮では、野球部の自主練の音が朝のアラームになっているぐらい、朝早くから練習している。それを知ってるから甲子園に行ってほしい!」
金川キャプテンはその中でも最も早く、朝5時半頃には素振りやティーバッティングをしているのだそう。

「野球部と同じ寮なので、頑張ってほしいです。僕たちにとっても良い刺激になります。全力で応援したいです」
とそれぞれ力強くお話していました!

DSC_0837.JPG

さて、いよいよプレイボール!

結果についてはニュースや新聞等でご存知の方が多いと思いますが、

寒川20-4丸亀城西


で勝利〜〜!!


寒川高校野球部は5回裏では11得点をするなど、16安打の猛攻で20得点!
県1代表制になった1978年から、決勝での20得点、1イニング11得点は大会最多記録なのだそう。
見事、8月の夏の甲子園の切符を手に入れました!

DSC_1213.JPG
寒川高校の圧勝を後押ししたのは、
応援の中心となった寒川高校生徒会、吹奏楽部、チアダンス部、応援団のみなさん。

それぞれの代表に甲子園にむけての意気込みを聞いてみました。
DSC_1216.JPG

長時間、楽器を演奏しつづけた吹奏楽部「甲子園でも演奏頑張ります!」

DSC_1218.JPG
暑い中長袖ブレザーで頑張った応援団「一致団結して頑張ります!」
応援をさらに盛り上げたチアダンス部「ダンスの技術をさらに磨いて、甲子園で挑みたいです!」

DSC_1224.JPG
試合を終えたばかりの野球部の皆さん!

金川キャプテンコメント「本当に嬉しいです。いつも通りを心がけて試合をしました。甲子園では香川県代表として恥ずかしい試合をして、まずは一勝を目指したいです」


佐竹監督コメント「部員たちが6試合の中でも最高に逞しかったです。今までの戦い方を変えず、甲子園で1勝を目指します」


DSC_1221.JPG
今回優勝メダルをもらった野球部メンバーの中に、さぬき市出身の選手がいました。
それが彼、3年の峠くん(長尾中学校出身)です。
「少年野球チームの『長尾コンドルズ』で全国大会に出場して、それからずっと甲子園を目指して野球をしてきました。その夢が叶いました。甲子園での出場機会は少ないと思いますが、誰よりも声を出して他の選手を元気にさせたいと思っています」

峠くんは6年前、寒川高校野球部が甲子園初出場が決まった決勝の始球式で「長尾コンドルズ」のメンバーとして守備に立ち、
そして、今度は同じ決勝の舞台で「寒川高校野球部員」として、甲子園の切符を手にいれました。
なんと、ドラマチック!!さぬき市の甲子園シンデレラボーイ・峠くんの今後の活躍、要チェックです。

DSC_1220.JPG
藤井学園寒川高等学校野球部のみなさん、本当にお疲れ様でした!
ユニフォームの左肩にある「さぬき市」の刺繍を輝かせ戦った彼らが、最高にかっこ良かったです!
甲子園でも勝利を目指して、頑張ってくださいね!




第97回全国高等学校野球選手権 香川大会決勝
開催日/2015年7月28日(火)
開催場所/レクザムスタジアム【地図

藤井学園 寒川高等学校
場所/香川県さぬき市寒川町石田西280-1【地図
posted by sanuki-asobinin at 12:00| 香川 ☀| Comment(0) | 学校密着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。