2017年03月09日

リピーター続出 ! こだわりの苺を育てる江崎いちご農園さんにお邪魔してきました。@長尾名

_MG_0514.JPG

ご覧ください。この艶やかなボディー。
まるで宝石のように眩しい。

そうです、そうなんです!!
この苺こそが、さぬき市長尾名にある「江崎いちご農園」さんの苺なんです。

美味しそうでしょう〜(✿´ ꒳ ` )
「江崎いちご農園」さんでは
『さぬき姫』『さがほのか』『とちおとめ』3種類の苺を栽培しています。
それぞれに、形、大きさ、味などが微妙に異なります。
_MG_0500.JPG

さっそく、試食させていただきました〜(o´艸`)ムフフ。

🍓【さがほのか】とても艶やか酸味と甘みが絶妙に混ざりあっています。
🍓【さぬき姫】他の苺に比べて、爽やかでお口の中がさっぱりする感じ。
🍓【とちおとめ】果肉がギュット締まって他の苺より甘みが多いです。

どの苺もとてもジューシーで、とっても美味しかったですよヽ(*´∇`)ノ。

こんなに美味しい苺を、丹精込めて作られているのが
この道50年、大ベテランの江崎健二さんなんです。
_MG_0461.JPG

美味しくいただける苺も、苗の育成からこだわり
丁寧に育てられていましたよ。

苗を育成するハウスを少しだけ覗かせていただきました。

写真は、来年用の「さがほのか」の苗です。
このプランターには、一株だけ苗が植えられていますが
これから伸びるランナー(ほふく枝)の先端につく子株で
次々と苗に増やしていき、それらの苗を9月頃畑に定植させ
その年の12月頃から翌年5月頃まで、美味しい苺が実るように
大切に育てられていくのだそう。
_MG_0491.JPG

ご覧ください。
素晴らしい苺畑です。
こうして、私たちは美味しい苺を毎年いただけるのですね。

写真は「とちおとめ」のハウス内の苺たちです。
_MG_0484.JPG

この品種は、とっても鮮やかで色形がよく酸味が少なくて甘いのが特徴。
しかし、とても育てにくく、香川の生産者は江崎さんと
もう一方いるかいないか…なんだとか。だから幻の苺なんですって。

大人の手のひらでこのサイズですからね、本当に大きいでしょ。
とても貴重な苺だから、重みもズシっと感じます。
_MG_0487.JPG

おや?
なんと、白苺。
こちらの苺は、ご注文をいただいたお客様に収穫のタイミングが合えば
プレゼントされているそうですよ。サプライズに遭遇すると嬉しいですね。
_MG_0482.JPG

さてさて、お次は、水耕栽培をしている「さぬき姫」のハウスにお邪魔しました。
_MG_0463.JPG

出荷が近い苺たちです。美味しそうに実っていましたよ。
_MG_0471.JPG

江崎さんが「これなんかいいだろう?」と、嬉しそうに苺を見せてくれたのは、なんと、巨大な「さぬき姫」、うぉおお〜眩しすぎる〜〜!!
_MG_0469.JPG

もうとにかくですね、江崎さんの苺は、どれも粒が大きめなんです。
どうりで、リビーターのお客さんも多いはずです。
中には、遠方にも関わらず関西方面から来られるお客さんもおられるのだとか。

子供を見れば、親がわかるように、立派な苺を見れば、手塩にかけ
育ててこられた生産者の思いが伝わりますね。

皆さんにも「江崎いちご農園」さんの苺を、ぜひ堪能していただきたいです。

*********************************
【ご注文方法】
江崎いちご農園さんでは『さぬきひめ』 『さがほのか』 『とちおとめ』
3種類を栽培しています。それぞれの形、大きさ、味が微妙に異なるため
お客様の用途に合う種類のイチゴを出荷しているそうです。

例えば、そのまま食べる生食用を贈答として送られる場合
甘さが格段に高い『とちおとめ』…など♪


● 自宅で自分や子どもが食べる用
● ギフトとして贈る用
とご注文の際にお伝え下さいね(o^-')b

収穫にもこだわっていらっしゃって、
江崎さんはイチゴの収穫は朝だけしかしません(*^▽^*)!
理由は温度が高くなるとイチゴが柔らかくなっているので、
収穫の時に傷めてしまうからなんですって。

そのため、お昼頃には出荷作業等が終わってしまいます。
イチゴを直接購入されたい場合は
前日、もしくは当日8:00〜9:00までに電話連絡すれば
当日受け取りできます。
収穫、出荷作業でお忙しいと思いますので、
なるべく前日にお電話してくださいね!
地方発送を受付けされていますよ。

さて、気になるいちご狩り情報ですが
今シーズンの、いちご狩りは、4月中旬〜5月頃まで行われる予定だそうです。

料金は…
お一人様2000円
小学生低学年は半額の1000円です。
必ず電話予約が必要です。


江崎いちご農園
香川県さぬき市長尾名320 【地図
TEL:0879-52-3391
FAX:0879-52-3391

【関連記事】
posted by sanuki-asobinin at 12:00| 香川 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。