2017年05月12日

長尾寺本坊膳所で春の菜懐石を体験♪【その1 創作点心料理篇】@長尾

IMG_7926.jpg
さぬき市長尾にある、四国霊場八十八箇所八十七番札所「長尾寺」
平日でも国内外から来られた多くのお遍路さんがお参りに訪れます。


IMG_7995.jpg
そんな長尾寺で春と冬だけ、予約制の点心席「菜懐石」を行っています。
お庭や調度品の素晴らしさはもちろん、手の込んだお料理に魅せられて毎月通う人も多い人気のお席…

「春の菜懐石」と「本坊膳所」のお庭を堪能してきました。



IMG_8062.jpg
長尾寺の「本坊膳所」は、ご住職の奥様が長尾寺の歴史ある建物や庭園を手作りの野菜料理とともに楽しんでもらおうと、16年前から始まりました。
社務所隣にあるこちらの中で頂くことができます(点心席は事前予約のみとなります)


IMG_7998.jpg
玄関からお席まで、美しい庭園やスタッフの方が活けたお花が次々と目に入り、心が和みます。
新緑の青々としたモミジ、松、椿や春紅葉など様々な木々からエネルギーを感じます。


IMG_8015.jpg
お席は30席の限定。どこからもお庭の様子が伺えます。
訪れた日は満席で、お客様はほぼ女性。
この点心席のためにお仕事を前もってお休みにして来られたという方もいらっしゃいました。


IMG_7940.jpg
長寿の象徴である鶴が描かれた引き戸など、お庭以外の調度品も珍しいものが多く、眺めているだけであっという間に時間が経ってしまいます。
照明もつぶらなお花の蕾の形をしているものがあるんですよ♪


IMG_7957.jpg
お料理が始まる直前、お品書きを頂きました。
毎日同じ食材が30名分手に入るとは限らないため、毎日メニューが少しずつ違います。
なのでお品書きが決まるのはお客さんが来られる直前の11時頃。
急いで奥様がお品書きを書き上げて配布するのだそう。


IMG_7968.jpg
そして点心席「菜懐石」のスタート!
「温かいものは温かく、冷たいものは冷たいまま召し上がって頂けるように」という奥様の想いから、1品ずつお席に運んで下さるスタイルになっています。

最初の旬盛が登場した瞬間は、「わあ、綺麗!」の呟きがあちこちから。
旬の食材である空豆、蕨、筍などの野菜をふんだんを使った、彩り鮮やかな品が並びます。


IMG_7973.jpg
特にお気に入りになってしまったのは自家製のまめ豆腐。
空豆で作るもちもちとしたごま豆腐にわさびと旨味だしを添え、味わいはキリッとしているのにコクがあって美味!
外は夏日の気温。火照った体が一気に涼しくなっていきます。

その他、グラス仕立ての紫たまねぎ、トマト、パプリカに二杯酢ジュレと黄身酢を添えたものも涼やか。
甘辛酸のバランスがとても良く、一口ごとに満足感が広がります!


IMG_7983.jpg
IMG_7995.jpg
椀物、油物、菜物…とつづきますが、どれもお肉やお魚を使っていません。
菜物の「春野菜のひじき和え」はスナップエンドウ、アスパラ、カリフラワーなどがどれも心地良い食感で、それぞれにおダシの味がしっかりと染みこんでいます。
「味付けは薄味なのに、物足りなさがなくてこんなに美味しいのはなぜ?」と女性のお客様も不思議そう。

(長尾寺本坊膳所 主宰 木村さん)
「出汁がすべての決め手です。すべての野菜に出汁を通していますし、野菜によって下味の付け方を変えています。
 野菜も茹でるのではなく蒸して、しっかり食感と栄養を残すようにしました」


IMG_8005.jpg
続いて御飯。こちらは本坊膳所の木村さんのお気に入りの有田焼に入れて。
器の触り心地の良さにも癒やされます…!


IMG_8011.jpg
この後お蕎麦も登場!
すずしろ(大根)とみょうがを千切りにしてお蕎麦と一緒にツルツルっと。
アオサの天プラがアクセントに入っていて、これは夏場に家でも真似したい!というメニュー。


IMG_8014.jpg
最後は甘物「いちご淡雪、ぜんざい、甘納豆入りおはぎ」
シュワっと口の中で溶ける甘酸っぱい淡雪に、甘さ控えめのぜんざい。
そして長尾寺名物の甘納豆入りのおはぎ。

もうお腹はいっぱいなのに…
不思議と食べられてしまうんです〜〜美味しい〜〜(泣)


「たくさん食べたのに体が軽いです!」
「春のものをたくさん食べられて嬉しかったです」
「これだけ手が込んでいるものを頂けるのが嬉しくて、来月も予約してしまいました」

など、来られていた方の声に納得。

旬の野菜で体が整っていくのがわかる、食べて気持ちの良い点心席でした!
ごちそうさまです♪


IMG_8023.jpg
が、点心席はここで終わりではありません。

「お抹茶をお出ししますので、どうぞ奥の部屋へ」
と案内されて、お庭を眺めつつ別室へ向かいます。

その先には長尾寺本坊膳所の庭園の見どころと、長尾寺ならではの掛け軸が。
明日のブログで続きをご紹介します♪ → 長尾寺本坊膳所【その2 長尾寺本坊膳所の見どころを聴く】


★2017年春の「菜懐石」空席状況(2017年5月11日現在)

6月7日(水)空席あり
6月8日(木)満席
6月9日(金)満席
6月14日(水)残りわずか
6月15日(木)空席あり

詳しくは 0879-52-5251(長尾寺本坊膳所)までお問合せください。



長尾寺本坊膳所
香川県さぬき市長尾西653 長尾寺内 【地図
時間/入室11:30〜/お食事12:00〜
料金/お一人3500円(税込)お抹茶付き
長尾寺本坊膳所ホームページ/http://nagaoji.com/?page_id=50
ご予約、お問合せ/0879-52-5251


【長尾寺関連記事】
posted by sanuki-asobinin at 11:01| 香川 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。