2018年01月28日

バリ舞踊の達人セレクトのアジアン家具セレクトショップへ@津田

「いつも通ってるのに、ここにこんなお店があるなんて知らなかった!」

という感動をさぬき市津田町で体験しました。

それが「浜カフェ」や津田の松原に行く時、必ず通る津田漁港近くにある

アジアン家具、雑貨のお店「アジアンファクトリー」

IMG_6417.jpg
IMG_6389.jpg
バリ舞踊の達人がインドネシア・バリから買い付けたという家具、雑貨たち。
日本にはない色彩と味わいに時間を忘れて見入ってしまいます。

「アジアンファクトリー」さんは現在放映中のテレビドラマ「anone」にも家具を提供!
広瀬すずさんが劇中で触っているあの家具と同じものを、実際にここで見ることができますよ〜〜!


IMG_6428.jpg
さぬき市津田町、国道11号線から津田漁港に向かって進んでいると…
港の道端にひょっこりお目見えするカエルさんを発見。

よく通る道なのに、このカエルさんもその向こうにある木造家屋も気にかけたことがなかった私。
しかし、以前からよく知っている方のインドネシア家具、雑貨のお店なのだと、最近知りました!(笑)

IMG_6429.jpg
お店の名前は「アジアンファクトリー」
津田町出身、在住の大眉鉄平さんが、インドネシアから買い付けた家具や雑貨を展示販売しています。
インターネットでの販売が主になっているそうですが、近頃は津田まで実際に家具を見に来る方も増えたそう。

IMG_6414.jpg
お店の中に入ると、現地の空気を感じるものが床面から2階、天井までたくさん!

並ぶ家具はいずれもバリの職人さんの手作り。
同じものを作っていても僅かな違いが出るため、結果的にどれも1点ものになります。
右へならえの工業製品より、誰も持っていない自分だけの家具がいい!という方にはおすすめ。

また、自分のイメージする家具のオーダーもできるので、イメージ画を持って相談してみてくださいね!
(オーダー後、手元に届くまでに3〜4ヶ月ほどかかる場合もあります)

IMG_6384.jpg
「アジアンファクトリー」のアイテムの中でも一番人気なのは、高品質なのにリーズナブルなチーク材の家具。
バリはチークの産地でもあるため、とても品質の良いものが嬉しい価格で手に入ります。

伐採後100年経過している高級木材「オールドチーク」を使ったものもありますが、もちろん品質もよく、強度もバツグン。
チーク好きの人はわざわざこれを探して購入されるほどだとか。

IMG_6408.jpg
長いベンチもそれぞれ味わいがあり、同じものがないのが嬉しい。
自分のお気に入りを見つけて、すぐ持って帰りたい気分になります。

IMG_6392.jpg
一般的なイメージのアジアン家具ももちろんありますし…

IMG_6395.jpg
踊りの国ならではのお面や古木を使った雑貨も!

IMG_6423.jpg
IMG_6421.jpg
普段の生活にすぐ取り入れられる雑貨も充実しています。
日本で購入すると少しお高めなものも、現地で直接職人さんから買い付けているので嬉しい価格♪

IMG_6409.jpg
そしてこちらが!!!
現在放映中のテレビドラマ「anone」で使用されているものと同じチェスト!

実際にドラマの制作現場には「アジアンファクトリー」から貸し出されたチェストが配置されて撮影が行われています。
お店の2階には、広瀬すずさんのお部屋にあるものと同じチェストがありました!!!
大眉さんもテレビで自分の仕入れた家具が写ったときは驚いたそう(笑)


IMG_6397.jpg
このチェストのほかにも、店内にはカラーがモザイク状に入っている家具が多く、可愛いなと思ったのですが…

実はバリでは役割を終えたカラフルなカヌーを解体し、端材として家具にリサイクルするため、
このように使い古した味わいとともにランダムに色が入る家具ができるのだそう。
お部屋に置くと明るくなり元気が出そう♪



DSC05794-thumbnail2-2-thumbnail2.jpg
(写真:アジアンファクトリー代表 大眉さん)

そんな「アジアンファクトリー」の家具を仕入れている大眉さんといえば…
津田町にある津田石清水八幡さんの夏越祭や大晦日イベントで、バリの仮面舞踊や獅子舞を演じている舞踊家。
バリ舞踊に魅了され、2005年から踊りを学ぶためにバリに通っています。

家具の買い付けをはじめたきっかけは意外にも「日本の地デジ切り替え」
もともと大眉さんが滞在した街は、家具屋さんが立ち並ぶエリア。
「地デジへと切り替わるなら、テレビの買い換えとともにテレビ台も買い換えるはずだ」と考え、
自分でイメージしたテレビ台の絵をもとに現地の職人さんに作ってもらったオリジナルのテレビ台を販売。

…するとこれがよく売れたそう!!

以降、年間3〜4回はバリに通い、家具だけでなく雑貨も買いつけるようになったそう。

ただし大眉さんのバリにいく目的はあくまで「踊り」が一番。
毎回、朝5:00から踊りの基礎練習を行い、日中に家具の買い付け…というスケジュールをこなしています。
14年間踊りを続けていても、まだまだ奥深く、基礎を繰り返すことがとても楽しいのだとか!


IMG_6425.jpg
(アジアンファクトリー 大眉鉄平さん)
「今後も他にはない魅力的な1点ものをバリで探してきます。
 ネット通販もやっていますが、ぜひ一度覗いてみてください」

踊りも家具も本場インドネシア・バリのものに出会えるのは香川でもここだけ!

一期一会の出会いを求めて…
津田町「アジアンファクトリー」に足を運んでみてくださいね♪



アジアンファクトリー
場所/さぬき市津田町津田1402−2【地図
営業日時/土・祝日の10:00〜18:00(予約すればその他の日も対応頂けます)
お問合せ先/0879−42−5678 ※事前に連絡されてからご訪問ください。
ホームページ→http://bali.theshop.jp

【周辺スポット】


posted by sanuki-asobinin at 12:00| 香川 ☁| Comment(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。