2018年05月05日

雨滝自然科学館GW企画展レポ!その2:ハドロサウルスの巣作り体験♪@大川

前の記事に引き続き、さぬき市大川町「雨滝自然科学館」のゴールデンウィーク特別展レポート、その2!

今度は香川で初めて発見された恐竜の化石「ハドロサウルス」の巣作り体験をご紹介!

IMG_9379.jpg

ハドロサウルスについて余り知らない人でも大丈夫!

恐竜の親になった気持ちで、楽しみながら彼らの生きた時代を体験しちゃいましょう♪



IMG_9365.jpg

さぬき市大川町、雨滝山の中腹にある「雨滝自然科学館」は地元の自然、生物、化石や大地のなりたちを実際に見て触って体験できる施設。

間近で恐竜の化石や鉱物を見ることができるのも、この施設の嬉しい特徴!

あと、さぬき市津田湾で見つかった幸運の白ナマコがいるのも特徴…(笑)


IMG_9374.jpg

2018年のゴールデンウィークには、「蛍光鉱物 特別展パート2」と「ハドロサウルスの胴椎化石・営巣展示」を開催中。

前の記事では「蛍光鉱物」の詳細をご紹介しましたので、

今回は「ハドロサウルスの化石ブース」に行ってみましょう。


IMG_9371.jpg

「ハドロサウルス」の化石が展示されているのは2階、恐竜時代の化石展示ブースの中。

(特別に撮影許可を頂いていますが、通常は撮影禁止です)


IMG_1867-thumbnail2.jpg

植物の化石などが並ぶ中、記念すべき香川初の恐竜化石と認定されたハドロサウルスの胴椎化石のレプリカも展示されています。

さぬき市多和にて1986年に発見されたハドロサウルスの身体の胴椎の一部。

化石は大人の手のひらサイズですが、その体長は7〜10m、体重は7トンほどだったと言われています。


 ハドロサウルスの恐竜化石について詳しくはこちら→さぬき市に里帰り。ハドロサウルスの実物化石を見に行こう♪@雨滝自然科学館


IMG_9367.jpg

今回の企画展ではハドロサウルス類の卵の温め方も実際に見てもらえる展示が行われています。

親が抱卵する恐竜もいれば、地面に卵を埋めて地熱で温める恐竜も。

しかしハドロサウルス類は植物の葉や枝をかき集めた中で温めるのだそう!


IMG_9372.jpg

展示室の巣の中には実際のハドロサウルス類の卵の化石も入ってるー!

巣に使われている植物も、実際にハドロサウルス類が生きた時代に生きていたシダ、ソテツ、アロウカリア類を乗せています!

な、なんて本格的な…!!!(笑)


IMG_9413.jpg

さらに、訪れた人自身がこれらの植物を乗せて巣作りをする体験もできちゃいます。

ハドロサウルスたちが見ている中、こうやってシダ類を上に乗っけて…責任重大!!

あとは植物の熱で卵が温まり、かえるのを待つだけ♪


中の卵は化石とはいえ実物。

かつてこの中にハドロサウルス類の赤ちゃんがいたんだなあ〜と考えるだけでワクワクします♪


IMG_9368.jpg

日本に数々の恐竜化石展示の施設があれど、これだけ間近に、自分の手で体験できる施設はここだけ!

ぜひ残り僅かなゴールデンウィーク中、立ち寄って見て下さいね!

恐竜好きのお子さんはもちろんですが、理科が苦手なお子さん&大人の視野が広がる体験ができますよ〜〜!



【雨滝自然科学館】
場所/さぬき市大川町富田中515−2【地図
開館時間/9:30〜16:30
休館日/毎週月曜
お問合せ先/0879-43-0155

【GW特別展 蛍光鉱物 特別展パート2&ハドロサウルスの胴椎化石・営巣展示】
開館日時/2018年4月27日(金)〜5月6日(日)9:30〜16:30 
入場料/無料




posted by sanuki-asobinin at 12:00| 香川 ☀| Comment(0) | レジャー・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。