2019年05月24日

さぬき市の獅子も登場。「舞」讃岐の伝説、開催!@高松市


60342886_1332653393549577_8755232773528092672_n.jpg

3年に1度のアートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」

春会期はこの週末5月26日に終了してしまいますが…

そのラストを飾るのは香川の伝統的なアートである「獅子」!

5月26日(日)15:30〜

「舞」讃岐の伝統 〜新たな時代へ〜 が

サンポート高松 テント広場で開催されます!



現存数800と言われる讃岐の獅子組の中から、とくに特徴的な6組の獅子が登場し、熱い舞を魅せてくれます!

さぬき市の「鴨部中筋獅子保存会」もやってきますよ〜!!


おらがまちの獅子にはない、他の獅子の表情や油単の美しさを堪能しに行きましょう!



IMG_3537.jpg

立派な毛並みの頭に、美しい布を纏い、

時に激しく、時におだやかに振る舞う「獅子舞」

香川県は全国の中でも「獅子舞県」と呼んでも良いくらい、

昔から続く獅子の数が多く、かつては1200もの獅子組が存在したと言われています。



高齢化や過疎化の現状から数は800に減ったものの、

獅子に魅せられた地元の皆さんの情熱は燃え上がっています!!!


IMG_3522.jpg

近年では讃岐の獅子を保存、継承しつつ、その良さを見て知ってもらおうと活動している「讃岐獅子舞保存会」が、高松市中心部で「獅子舞王国讃岐」という獅子組大集合イベントを開催。

あまりにも違いがあり、あまりにも芸術的な「獅子」は「讃岐のアート」として再発見され、

「瀬戸内国際芸術祭」でも関連イベントとして演舞されています。



そして「瀬戸芸」年である今年も、関連イベントとしての獅子イベントが決定!


この週末2019年5月26日(日)

「舞」讃岐の伝統〜新たな時代へ〜が、

サンポート高松の大型テント広場で開催されます!!

60342886_1332653393549577_8755232773528092672_n.jpg

(「讃岐獅子舞保存会」会長 十川さん)

「いつものことですが、全てが見どころです!

 今回は県内から6組の獅子組が登場しますが、その舞、獅子、道具、全てが違うという点が面白いので注目してみてください。

 同じ香川県内でこんなに違うの??ってなります。

 それでも香川の獅子の多様性をまだほんの一部紹介出来るだけなんです」


獅子舞ビギナー向けのイベントかと思いきや、

奥深〜い獅子の世界に引き込まれる可能性もありそうな雰囲気!



ではでは、どんな獅子が登場するかもチラッとご紹介しましょう♪


60516273_1335054613309455_4472841597037314048_n.jpg

15:45〜

香川県指定無形民俗文化財

綾南の親子獅子舞保存会 中筋獅子組

香川県で珍しい「親子での獅子舞」を演じる獅子舞。

親が子を谷底に落とす「坂落とし」、親が子の成長を喜ぶ「帆のぼり」などから構成されていて、それがどのシーンなのか想像しながら見てみると楽しいですよ♪


60640050_1335188533296063_9080625732165566464_o.jpg

16:25〜

落合芸能保存会

一番の見どころは「セギリ」と呼ばれる2頭の獅子が揃ってヒョウシキに向かって競り上がっていく場面。

ラスト30秒、鐘の音に合わせて頭を震わせて上ってくる様に注目!


IMG_3579.jpg

16:30〜

讃岐高松本獅子会

この獅子組の特徴は一刀彫りで掘られている獅子頭。

重いが故、10名程度の演者がどんどん入れ替わって演じる様子に注目です。

クライマックスには獅子がはしごに一気に駆け上がりますので見逃さないように!


60831243_1335638236584426_6199862442273538048_o.jpg

16:55〜

二条獅子連

三木町井戸地区、和爾賀波神社に「二條の獅子舞」を奉納している獅子連。

天狗の面をかぶり、赤い着物に襷をかけた衣装のキョウクチが現れ、獅子に酒を飲ませる振りをしたり、寝ている獅子を揺すったり。

獅子とキョウクチのふれあいを楽しんで♪


60784135_1336552703159646_5209206494326685696_o.jpg

17:40〜

三豊市無形文化財
七宝古流本村夫婦獅子舞保存会

夫婦の獅子のじゃれ合う姿を表現する夫婦獅子ですが、その舞は人の修行と成長を表現。

演舞は「上段」「中段」「下段」の3段に分かれ、幼い時代、少年時代、青年時代と、人が成長する過程を舞で見ることができます。



などなど、「讃岐の獅子」の入り口にして、エッジの立った獅子を堪能できるセレクト。

地元のお祭りの獅子しか知らないという方も足を運んでみると、会場に響く鐘の音に体が疼くはず!


IMG_3530.jpg

他にも会場ではダンボールで獅子頭を作ることができるキッズワークショップや、

ご朱印帳を使ったスタンプラリーもありますので、家族で楽しみましょう!


瀬戸内国際芸術祭らしく、進行も岡山県の伝統芸能である「備中神楽」にお願いしているとのことで、

讃岐の伝統芸能を通じて岡山の伝統芸能の世界も覗き見ることができます。



どこを切っても、見どころとなる「舞」讃岐の伝統〜新たな時代へ〜。

サンポート高松には「瀬戸内国際芸術祭」のアート作品も登場していますので

一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?



「舞」讃岐の伝統〜新たな時代へ〜
開催日時/2019年5月26日(日)15:30〜18:30
場所/サンポート高松 大型テント広場【地図】
駐車場/サンポート地下駐車場や近隣のパーキングをご利用ください(有料)

讃岐獅子舞保存会フェイスブックページ


posted by sanuki-asobinin at 23:02| 香川 | Comment(0) | レジャー・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。