2020年09月07日

夕暮れの津田湾を楽しむ「サンセットシーカヤック」に行ってきましたレポート!@津田

IMG_6468.jpg

津田の松原から穏やかな津田湾をぐんぐん漕いで楽しむ

「クアタラソさぬき津田」のシーカヤックツアー。


その中でも夕方に出発する7・8月限定の

「サンセットシーカヤック」に参加してきました!!

IMG_6501.jpg

昼間とは違う景色・違う時間の流れ方に驚き、

最終的にはたっぷり漕いで、たっぷり景色を楽しんで感無量。

その様子をご紹介します!!




P1350395-thumbnail2-thumbnail2.jpg

さぬき市のレジャースポットである「津田の松原」東側にある「クアタラソさぬき津田」。

10種以上のスパ&温水プールが楽しめるだけでなく、

春から秋にかけては目の前の津田湾で楽しめる

シーカヤックやSUPを行なっています。




IMG_5389-286d2-thumbnail2.jpg

紹介しつつも乗りたくなってしまい、

7月にはシーカヤックツアーの「ドルフィン・ファミリーコース」に行ってきました。



その際、突然の強風のためドルフィンセンターから折り返しの漕ぎができず

もっとカヤックをゆっくり楽しみたい!という気持ちになり…


夏季限定の「サンセットシーカヤックコース」にも

申し込みしてしまいました〜〜!!


飽きまへんな〜と言われても、ほんとに飽きないシーカヤック。

海やお天気、時間によって表情が変わるので、何度漕いでもやりたくなってしまうのです!


というわけで8月末に行ってきた「サンセットシーカヤック」の様子をご紹介します。




まずは電話予約から

IMG_5430-59b3b-thumbnail2.jpg

「クアタラソさぬき津田」が開催しているシーカヤックコースは3つ。

「ドルフィン・ファミリーコース(5歳以上)」

「海の冒険コース(小学生以上)」

そして「サンセットシーカヤック(夏季限定)」。


午前中に行われる前者2つのコースに比べ、

サンセットシーカヤックのみ夕方17:00ごろ出発。

また、5歳以上〜70歳までの健康な方ならどなたでも参加できます。



サンセットシーカヤックは毎年7、8月限定のツアーなので、現在(9月)は受け付けていませんが

もし来年参加される際は2日前までにお電話などで予約しましょう!

(じゃらんの体験カテゴリからの予約もできます)

受付時に名前や年齢、カヤック経験、アレルギーなどを伝えれば予約は完了!




サンセット向けの服装や持ち物

スクリーンショット 2020-07-27 16.55.42 のコピー.jpg

夕方のシーカヤックですが、服装は昼間と変わりません。

「クアタラソさぬき津田」シーカヤックページにも上記のような参考イラストが描かれています。


ちなみに私の場合は、

帽子、長袖ラッシュガード、速乾性スポーツ用スパッツ、海用ショートパンツ、マリンシューズ。

子ども(小学生)は、

スポーツ用の半袖Tシャツ、スポーツ用の半ズボン、水着、サンダル。


夕暮れだったので帽子なしで参加する人もいましたが、

午前中のツアーとは体に受ける日差しが全然違うので、

結果的に不具合はありませんでした。



また、持ち物で実際にカヤックに載せたのは、

飲み物(ペットボトルのお茶を凍らせたもの)

タオル

スマホ(防水の袋に入れて)のみ。


今回も結果的にこれで全然OKでした。

ただしスタート時は海上でも蒸し暑かったので、熱中症対策の水分は必須だなと思いました。

酔いやすい方は、漁船などが通った際にダイレクトに揺れるので、酔い止めを飲んでからの参加がおすすめです。




受付から準備まで

IMG_5440.jpg

受付時に集合時間を教えてくれるので、時間にあわせて現地に着いたら、

まずは「クアタラソさぬき津田」で受付を行います!

館内はマスクなしでは入れないので、着用を忘れずに。

カウンターも感染対策が行われていました!


ここで受付(参加者名簿記入)と同時にお支払い(カード、PayPay使えます!)

そして渡されるのが更衣室の鍵。

カヤック前後の着替えは「クアタラソさぬき津田」のジャグジー用更衣室が利用できます。


カヤックコースには入浴券も含まれているので、

帰ってきたらそのまま水着でお風呂に入ることもでき、

そのまま更衣室で着替えられるのでとっても効率的〜♪


着替えをしたら、飲み物と帽子、スマホのみを持って津田の松原のビーチへ!





さあ夕暮れの海へ!

IMG_6407.jpg

お昼間のツアーも夕暮れのツアーもここまでの流れは同じ。

勝手知ったる顔でクアタラソすぐ北側の「津田の松原海水浴場」へ向かいます。


夏休みが終わった8月の浜辺は人も少なく、

夕暮れに近づいて行く静かな雰囲気が漂っていました。



IMG_6406.jpg

そんな中、まずはパドルを持って漕ぎ方の練習。

今回は大人6名、子ども4名の10名が参加していましたが、

ほとんどが経験者でびっくり!

サンセットシーカヤックはリピーターが多いのかも?



IMG_6412.jpg

というわけですぐにカヤックへGO!

いろんな舟がありますが、子ども&大人のペアや子ども同士のペアには

軽量で漕ぎやすいこちら(上の写真のカヤック)をオススメしてくれました。

とても乗りやすく、足元も広いので荷物も積みやすい〜!



IMG_6417.jpg

カヤックの左側に立ち、右足→お尻→左足の順番で乗り込みます。

全員乗り込んだところで、ガイドさんが記念撮影をしてくださいました!


ハイ、カヤック〜〜〜!!!



それでは出発です!!!

IMG_6430.jpg


出発ですが!!!

目指す最終的な場所は全く教えられずに出発!!(笑)

どこへ行くのか、ワクワク〜〜〜!




IMG_6438.jpg

昼間よりも暗く見える海ですが、

触ってみるとぬるま湯のように温かいのにびっくり。

カヤックに乗り慣れてくると海面が平たい地面のように見え

車高の低い車に乗ったような気になる瞬間も。



IMG_6426.jpg

しばらく漕いで、松原がまだ間近に感じるくらいの沖で停まって漂います。

津田の松原をこの距離で見ることってあまりないなあ…

と思いつつ、海岸を眺めてみたり。


IMG_6428.jpg

カヤックが広いので寝転んで空を見上げてみたり。


サンセットツアーは比較的ゆっくりした進み方だったので、

海の上を楽しむ時間もありました。



IMG_6433.jpg

さて、ここからしっかり漕いでいくことに!

次に目指すはドルフィンセンター手前の波止場!!



前回は風が強く、流されて到着しましたが、

今回はスムーズに自分の力で進み…

IMG_6446.jpg

進…

まっすぐ進まぬ…

(そして撮影しているとどんどん取り残されるので、

 子どもに「休まず漕いで〜!」と怒られる私…)


漕いでは左に右にと曲がる我らのカヤック〜〜!

船体が軽いからなのか、比較的左右に振りやすいよう。



IMG_6436.jpg

何度も方向転換をしながら波止場に到着〜〜!!!

さらに沖へとレッツゴー!!!


IMG_6440.jpg

「日本ドルフィンセンター」のイルカプールを横目に進みます。

閉園後のドルフィンセンターはなかなか見られない風景。

夕焼けに染まる象徴的なシルバーの建物にも灯りが灯っています。



IMG_6441.jpg

通り過ぎてさらに沖へ!


IMG_6447.jpg

ドルフィンセンター裏の砂浜から続く海岸線を沿って進みます。


IMG_6444.jpg

この岩肌、いろんな貝殻が付いている…

牡蠣かな?

食べられるかな?


IMG_6450.jpg

底が浅くなってきたのか、カヤックの下に岩があるのも見えるように。

ここならそのまま降りて泳げそう♪



と、しばらく漕いでいると砂浜発見ーーーーー!!!


IMG_6452.jpg

ここで休憩〜〜〜!!!



かや.jpg

すっかり空は夏の夕暮れの顔。

ピンク色と青色が入り混じって、海面にもその色合いが反射しています。

ファンタジックな風景。


IMG_6460.jpg

子どもたちは砂浜探検がスタート!


かや3.jpg

岩場の貝殻を観察したり、ウニの死骸を見つけたり…


IMG_6475.jpg

謎の階段も発見ーーーー!!

ここは誰かのプライベートビーチだったのかも?!


IMG_6472.jpg

透明なシーグラスや小さい貝殻もありました!



IMG_6486.jpg

遊んでいる間にガイドさんがおやつを準備してくれていました!

きなこ生クリーム大福「きなころ」とあったかい飲み物!


IMG_6488.jpg

前回のカヤックツアーでも登場し、子どもたちにも人気だった「きなころ」。

きなこ餡と生クリームにきなこを練りこんだ大福餅。

そのまま食べても美味しいのですが、

今回は冷凍したひんやりバージョンで出してくださり、

これが夏の夕暮れのお腹に染みる〜〜!(うまい!)



一緒に参加した友人もすっかり「きなころ」ファンに…

ちなみに「津田の松原サービスエリア」でも販売されていて

お菓子の中では人気ナンバーワンのお土産だったりします♪


IMG_6496.jpg

お腹もいい感じに満たされて、パワー充電!

そろそろ帰路につきます。


IMG_6499.jpg

ここからが「サンセットシーカヤック」の醍醐味。

暮れてゆく津田の海と山の風景を楽しむ時間。



IMG_6502.jpg

ドルフィンセンターの上にもぽっかりお月様が。



IMG_6501.jpg

お隣のカヤックにはトルコから香川県に来られている外国人の方が乗られていました。

「あの雲は犬みたいな形だね」

と、山にかかった雲を楽しみつつ漕ぎ漕ぎ。


IMG_6506.jpg

海岸が近づいてくると同時にあっという間に夜の闇が迫ってきました。

夜に追いつかれないように、子どもたちも

「みーぎ、ひだり! みーぎ、ひだり!」

と掛け声をかけながら続々とフィニッシュ!



IMG_6507.jpg

到着した時にはもう真っ暗でしたが

みんなで無事にサンセットシーカヤックを終えました!!!



20150508_11-46__MG_6130-thumbnail2-2-090b0-thumbnail2.jpg

終了後は「クアタラソさぬき津田」のお風呂で体を洗い、お着替えして解散〜〜!


行きも帰りもたっぷり漕いで、

久しぶりに体をしっかり動かした子どもたちも楽しかった様子。

大人も程よい疲れがあり、

「心地よい運動ができた〜!」という満足感でいっぱいでした。



一緒にツアーに参加されたトルコ人女性も、

「海がとても穏やかで風がなく漕ぎやすかったです。

 最初はどこに行くのかわからなかったけど、秘密のビーチに着いた時は驚きました!

 そこでのコーヒーとおやつの時間も素晴らしかったですし、夕日を楽しむ絶好のスポットでした!

 海岸に戻る途中で月と夕日を同時に見られたのも素晴らしかったです。」

と、随所に発見やお楽しみがあったなあと思い出し納得する言葉でした。



昼間のシーカヤックツアーには参加したけど、

サンセットタイムは未体験!という方は

是非来年の7・8月に「サンセットシーカヤック」を体験してみてくださいね!


IMG_6453.jpg

ガイドさんやお天気によってコースや内容が変わるそうなので、

今回ご紹介したものとは違う体験ができるかも?

サンセットシーカヤックをリピートしてみるのもアリですよ♪





クアタラソさぬき津田

『サンセットシーカヤックツアー』※2日前までに要予約

開催期間/毎年7月1日〜8月31日

開催時間/〜7月31日 17:30〜、8月1日〜15日 17:15〜、8月16日〜31日 17:00〜(所要時間は約1時間30分)

対象者:5歳〜70歳の健康な方

参加費/小学生以下5000円、中学生以上6000円(税別、保険料、クアタラソ入館料込)

問い合わせ・申し込み先/0879-42-5888(クアタラソさぬき津田)

※少雨決行、風が強い日や大雨の日は中止になります。




クアタラソさぬき津田 ※2020年9月7日〜11日はメンテナンスのため休館。

香川県さぬき市津田町鶴羽24-2【地図】 
営業時間/
≪温泉ゾーン≫
 平日 12:00〜21:30
 土  10:00〜21:30
 日祝 10:00〜20:00
≪フィットネスゾーン≫
 平日 12:30〜21:00
 土  12:30〜21:00
 日祝 12:30〜19:30

定休日/ 火曜日

駐車場/ あり
HP/
http://q-t.anabuki-enter.jp/

TEL: 0879-42-5888
FAX: 0879-42-5889 


最新情報はクアタラソさぬき津田のFacebookでもチェックできます♪




posted by sanuki-asobinin at 08:00| 香川 ☔| Comment(0) | レジャー・アート・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。