2021年02月15日

「平賀源内発明くふう展」今年度受賞作品展示中!@志度


IMG_1301.jpg

ただいまさぬき市役所1階市民ホールでは

「平賀源内発明くふう展」

「さぬき市ええところ写真コンテスト」

今年度入賞作品が展示されています。



IMG_1310.jpg

その中から今日は

「平賀源内発明くふう展」の作品をちょっぴりご紹介!

コロナ禍のおうち時間も楽しくなる作品がいっぱい!

「そうそう、こういうのが欲しかった!」と、思わず手を出したくなる作品も。

ぜひチェックして、実物を見に行きましょう〜!







IMG_1302.jpg

さぬき市役所 1階正面玄関入って目の前にある市民ホールにやってきました。

ホール中央のテーブルに円形に並べられているのが

「第37回平賀源内発明くふう展」の入賞作品たち。



「平賀源内発明くふう展」は

『21世紀の日本を背負うこどもたちに、その種を育てる心を養ってもらおう』と

毎年開催されている発明品コンテストで、県内の小学生たちから多くの作品が集まります。


昨年11月〜12月にかけて平賀源内旧邸に展示されていた受賞作品が、

2月18日までさぬき市役所にてアンコール展示されています。


今年は31作品の応募作品がありましたが

展示されているのはその中から選ばれた入賞作品11点!


早速どんな作品があるのか見てみましょう〜!


IMG_1313.jpg

まずは「源内賞」に選ばれた志度小学校4年 井頭さんの作品

『バスケットボールシュートゲーム』。


バスケットボール好きの井頭さんが家でもゲームできるようにと考えた作品。

飾りにはNBAのチーム名も入っていて、好きの気持ちが溢れています!



IMG_1315.jpg

使い方は簡単。

手前にある発射台にバスケットボール風のピンポン球を乗せて弾くだけ!

するとゴムのバネで紙コップで作ったゴールに入る!という仕組み。


発射するときの力加減でゴールに入るように調整し、スポッと入ると気持ちがいいもの。

こういったゲーム系の発明は毎年あるのですが、スポーツ系はあまりなく、

コロナ禍で大好きなバスケットボールが思い切りできない時でも楽しめるものになっているなあと感動しました!



IMG_1303.jpg

こちらは「さぬき市長賞」に選ばれた志度小学校4年 木村さんの

『炭治郎の水面斬り』。


人気漫画『鬼滅の刃』の主人公 竈門炭治郎が繰り出す技の一つ『水面斬り』をリアルに感じられる作品で

『鬼滅のようなアニメを作りたい!』という気持ちから生まれたもの!


材料は木箱・オルゴール・壊れたミニ四駆・ダンボール・ペットボトルの蓋・画用紙・木・ライト。

身近なものが使われています。


IMG_1307.jpg

使い方は、下部にあるオルゴールのネジを回すだけ。

すると自動で回転が起こり、円形に張り巡らされた絵がぐるぐると回り、アニメーションのように動くという仕組み!



IMG_1306.jpg

絵が速く回転するようにギアを大きくしたり、アニメが見やすいように絵の間隔を調整したとのこと。

自分のイメージに近くまで、何度も調整したこだわりがよくわかります。


では実際に動かして…と思いましたが、

新型コロナウイルス感染防止のため作品には触れられません。

残念…

水面斬る炭治郎をいつか見てみたいものです〜。





他にもアイデア商品やデザインが素晴らしいものがたくさんありましたが、

個人的に「これは欲しい!」と思ったのがこれ!


IMG_1316.jpg

「さぬき市教育長賞」に選ばれたさぬき南小学校4年 大北さんの『持ち運びスピーカー』

スマートフォンを差し込むだけで、スマートフォンから流れる音楽を大きくして聞くことができるというもの!



IMG_1321.jpg

しかも持ち運びできるようにストラップ付き。

材料がトイレットペーパーの芯1個、紙コップ2個、ティッシュの空き箱1個というのにも驚きです!



IMG_1322.jpg

大きな音で音楽を聴こうと思ったとき、大人ならBluetoothのスピーカーを購入しようかなと検討してしまいますが

身近な素材とちょっとした知識でこんなに手軽にスピーカーができるとは!


おうち時間が増えたコロナ禍の今だからこそ、

日常生活のクオリティが上がる作品が誕生するのは嬉しいものです。




IMG_1330.jpg

それぞれの作品には「どうしてこの作品を作ろうと思ったのか?」や

「工夫した点」などを記載した手書きのシートも添えられていて、

それを読むと思わず「へえ〜〜〜」という声が出てしまいました。



IMG_1332.jpg

ちょっとしたアイデアでコロナ禍の生活も楽しくなるという気づきを与えてくれ、

自分も何か作ってみようかな?という気持ちにさせてくれるワクワクの展示会。

もしかしたらこの中から第2の平賀源内が生まれるかも?



そんな「第37回平賀源内発明くふう展入賞作品展」。

ぜひ2月18日までに足を運んで、実際に作品をご覧になってみてくださいね。





【第37回平賀源内発明くふう展 受賞作品展示】
作品展示/2021年2月18日(木)
展示場所/さぬき市役所1階市民ホール
お問合せ先/087−894−1648(公益財団法人 平賀源内顕彰会)



posted by sanuki-asobinin at 19:26| 香川 ☁| Comment(0) | レジャー・アート・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。