2021年06月24日

食べ頃ベリーを贅沢にちりばめた! 「Berry's Life」の極上ランチ@志度


皆さんこんにちは!学生ライターのあやです。

6月に旬を迎える果実、ブルーベリー。

まさに今がベリーの食べ頃ということで、さぬき市のベリーの発信地、

「〜自然の休憩場〜Berry’s Life」さんのランチを初体験してきました!

ベリーの種類の多さ、おいしさ、そして美しさに圧倒されました。

日常では味わえない食に触れられる時間をあなたもぜひ体感してみては!?




今回は今(6月〜7月末頃)がベリーのシーズンということで、

「Berry's Life」さんの贅沢なランチ「うさぎパレット〜ハーブと野菜のコース〜」を堪能してきました!

志度ICを降りてすぐ目の前にある「Berry’s Life」さん。

お店の前には自家栽培しているハーブやお花がたくさんあり、

自然に包み込まれるような雰囲気にウキウキします。

ランチに使われているハーブはこちらの摘みたてのものを使用するのでとっても新鮮。


店内は、暖かな木で作られており、いるだけで自然と心落ち着く空間です。

家族や友人と来られる方もいる一方で、1人で来られるお客様も多いようで、

各々のくつろぎ方で、癒されているようです。


ランチは週替わりの「うさぎパレット〜ハーブと野菜のコース〜」(税込み1,650円)のみ!

おしながきはオーナーである畑ケ中さんの手書き。


ステキなイラストと、料理に使われる食材の説明は見ているだけで、テンションが上がってきます。

コースなので、1品ずつ運ばれてきます。


まずは「すももラベンダー水」で始まります。


見た目がとってもキュートなピンクで、乙女心をくすぐります。

組み合わせに驚きましたが、ラベンダーの香りとすももの相性は抜群!飲みやすく、美味しいです!


続いて「自園のあんず・ベリーのサラダ」


ここで主役のブルーベリーが登場!

今まで食べてきたブルーベリーとの違いに、本当に驚きました。

この一皿でも存在感が際立つほどの大きさで、500円玉と並べても同じくらいです!


そして、なんといってもブルーベリーの味わいにも衝撃を受けました。

酸っぱいイメージのあったブルーベリーですが、甘いんです!

ほんとに一度のこの驚きを皆さんにも体験してほしいです。

さらに、食の色味に合わせて、配置やソースの色へのこだわりも。

混ぜるサラダではなく、食べる場所によって、味が異なるサラダになっているそう。


お次は「トマト・小夏・豆乳のスープ」


フルーティーかつさっぱりとした冷製スープで、こちらもお色がかわいらしい。

豆乳とありますが、独特の臭さはあまり感じられず、まろやかな味わいで飲みやすかったです。

中には、カットされた小夏と、小夏の白い甘皮が入っており、新感覚でした。





そしてメインの「夏野菜のハーブグリル」「コーンのごはん」


シンプルに焼かれた野菜たちが、こんなにも美味しいと感じたのは初めてです。

野菜本来のうまみが存分に引き出されている一皿。

トマトや玉ねぎ、ズッキーニはパっと見ても分かるかと思いますが、実は

「シャドークイン」と「ドラゴンレッド」と呼ばれる2種類のジャガイモが入っています。

玉ねぎやジャガイモは、地元の有機農家さんの野菜が使われています。

そこに甘みを感じるビーツのソースが加えられることにより、色味も美味しさもより引き立たされています。


コーンとご飯の組み合わせは初でしたが、程よい塩加減と炊き具合が最高で、お箸が止まりませんでした。(笑)


最後は手づくりデザートとドリンク。


今週(6月17日〜21日)は数種類のベリーがのったパンナコッタでした。

サラダではベリーの美味しさに驚きましたが、

こちらでもベリーの甘さ、程よい酸味、ジューシーさに驚愕。

今まで食べてきたベリーがなんだったのか。

真の美味しさに触れた瞬間でした。


ドリンクはホットコーヒーを選択。

「Berry’s Life」では、雑味のないクリアな味わいを表現できる「アームズメソッド」の

自家焙煎・ドリップを行なっていて、焙煎機も店内に設置。

「Berry’s Life」こだわりの自家焙煎コーヒーについてはこちら



今週は「エチオピアブレンド」でした。

すっきりとした味わいで、冷めても苦くなく、ブラックコーヒー歴が浅い私でも

飲みやすく美味しく頂きました。


■珈琲焙煎イベント情報

6月27日(日)には「アームズメソッド珈琲焙煎講習会」、6月28日(月)にはアームズの竹林さんによる

「カカオ豆からチョコレート作りワークショップ カカオ・ラボ」が開催予定です。

詳しくはこちらをご覧ください。



ランチをいただき、どの料理にも共通して感じたのが、驚き。

見た目の美しさ、意外な組み合わせの相性の良さ、1つ1つの食材の美味しさ。

毎週変わるコースランチ、51週(1月〜12月まで)すべてを制覇すると

パーフェクト賞で、特別ディナーに招待して頂けるんだとか。

その週のメニューはInstagramで土曜の朝に更新中なので、チェックしてみてくださいね。

昨年度は5名の方がパーフェクト賞を獲得!

今年度も候補者が何名かいらっしゃるそうですが、

ここでランチを一度食べるとリピートしたくなる気持ちもわかります。


ランチのほかにも、カフェタイム(9:30〜11:30/14:30〜16:00)にはベリーを使った手づくりケーキや焼き菓子、

季節のデザートなど、コーヒーと一緒に召し上がりたいメニューがいっぱい。

いま一番オススメなのは「ベリーの国のプリンアラモード」(税込み1,320円)


この春誕生した新デザート「プリンアラモード」シリーズの第2弾ということで、ベリーを贅沢に使い、

サマープディング、アイス、ラスクなど夢が詰まった一皿です。

こちらはサマープディングの仕込みがあるため前日までの完全予約制となっており、

当日もランチが落ち着いてからの15時以降の提供となっているそうです。

ベリーの時期限定ですので、どうぞお早めに!(予定では7月中旬頃までとのことです。)

また、ケーキや焼き菓子はお持ち帰りもできます。



サラダで使われている手づくりハーブビネガー&オイルやソルトも

こちらで購入できます。



ベリーの魅力

ベリーは大きく「ハイベッシュ」と「ラビットアイ」の2種類に分かれており、

それぞれ100品種以上あり、自然休憩所の主宰・御船さんはそのほとんどを農園で育てられているそう。

その中で、早生→中生→晩生の順に収穫されており、毎週異なる品種のベリーがランチを彩ります。

そしてベリーが食べられるのは、6月〜7月末頃まで!

最近は温暖化で収穫の時期も早まっているそうなので、7月初旬までに行くのがおすすめです。


Berry‘s Lifeさんでは、少量多品種の栽培で、1本の木から成る実も厳選されており、

大きく美しい厳選されたベリーたちが育てられています。

また、ブルーム(果皮表面の白い粉のようにみえる蝋状の物質のこと)の美しさを保つために

できるだけ触れる回数を少なくする必要があるそうで、収穫は2タッチ、2人までとの徹底ぶり。



こんな大切に大切に育てられたベリーには他で出会うことはできないはずです!

ほんとにベリーが大好きな人たちによって育てられ、おいしさも美しさも引き出すことができている極上ランチ!

ベリーはもちろん、珍しい野菜に出会えるのもこちらの魅力の1つ!

野菜の本来の旨さはもちろん、意外な組み合わせの発見が楽しい。

普段の生活では、どうしても体のために食べなくちゃと使命感のようになってしまいがちで、

実際にはあまり食べる機会が少ない野菜やフルーツたち。

しかし、ここ「Berry’s Life」さんでは、素直に美味しいと思え、体の中から元気がもらえます。

野菜嫌いの方もここだと食べられるという方もいらっしゃるそうです。



「Berry's Life」の畑ケ中さんと御船さんに改めてベリーについてお話を伺いましたが、

本当にベリーが大好きだということが伝わってきました。

「ベリーの魅力何と言っても『美しい』こと。」と畑ケ中さん、

「ベリーは世界一の美しい農作物」と御船さんは言われていました。

確かに、ランチに出てきたベリーはどれも宝石のように輝いていました。

ベリー愛について溢れるお話の後で見るベリーはより一層可愛らしく思えます。

ベリーのある暮らしを提案するお店、「Berry’s Life」さん。

この空間では異世界に来たかような食の体験をすることができます。

あなたもぜひ一度、足を運んでみてくださいね。






自然の休憩所 Berry’s Life
香川県さぬき市志度4997-2 【地図】
営業時間/9:30〜17:00(ラストオーダー16:00)
     【ランチ】11:30〜14:30
     【カフェ】15:00〜17:00 
     (夏季・8月までの土日 18:00 ラストオーダー17:00)
定休日/火・水曜日
駐車場/あり
お問い合わせ先/087-894-8701






posted by sanuki-asobinin at 16:30| 香川 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。