2023年05月31日

「竹のランプシェード」作りにチャレンジ!@長尾

IMG_7340.jpg

学生ライターのくしべです!

さぬき市ならではの資源を活かし、地元の達人がレクチャーするワークショップシリーズ「さぬき市遊学のススメ」。

今年は竹のまち 長尾で5月6日(土)・14日(日)に

竹の達人集団「バンジョイ塾」のみなさんに教わる


僕も参加させてもらい、大きな竹に穴を空け、ランプシェードを作りました!

世界にひとつだけの「竹のランプシェード」作りの様子をレポートします!


IMG_7322.jpg

今回、僕が向かった先はさぬき市長尾、長尾公民館向かいにある「バンジョイ塾」の拠点。

この日はさぬき市遊学のススメ「竹のランプシェードを作ってみよう!」2回目の開催日。

現地につくと大勢の参加者が集まっていました!

IMG_7304.jpg

早速中に入ってみると多くの人が!

この日はちょうど毎年開講している「竹の学校」の日でした。

県内から集まった竹細工初心者の皆さんが先輩から竹細工を教わっていました。

IMG_7332.jpg

ワークショップの先生となるのは、竹のまち長尾で長年活動している竹の達人集団「バンジョイ塾」のみなさん。

入り口には竹で作られたさまざまな動物や季節を象徴するものなどがリアルに作られていました!

細かな作業が必要で難しそうですが出来たら楽しそう!


では、早速竹のランプシェードを作ってみました!!

模様選べ.jpg
模様選び.jpg

僕が挑戦したのはドリルを使って竹筒に穴を空ける中級篇!

まずは、模様を決めるところから!

用意してくださった模様が描かれた紙を選び竹に貼っていきます。その上からドリルで穴を空けています。

優柔不断さがここで発揮されて模様決めに時間がかかりました。💦

穴あけ.jpg

模様が決まればドリルを使って穴を空けていきます。

模様を多く選びすぎたのですべての穴を空けるのは大変です。💦

竹は意外と簡単に、スーっと穴が空きました!力加減に慣れるまでは大変ですが慣れてしまえば簡単です!!

手伝ってもらった.jpg

大きい模様や小さい模様の穴があり、とても苦戦しました。

穴が小さく大変な場所もあったため竹の達人に手伝っていただき、あっという間に完成!!

あぶった.jpg

最後に火で炙ってもらいました!

火で炙ってみるとどうでしょうか!!ニスを塗ったかのようにつるつるするじゃないですか!!

竹の可能性を感じましたね。笑

みんなの作品.jpg

自分の作品が完成した後、皆さんの作品を見てみました。

初級篇の作品を見てみるとかわいいものやきれいなものなど様々ありました

中級篇の作品は丁寧に模様を作れているものや文字が入っているものも!!

皆さん素敵な作品が出来上がっていました。

できた.jpg

出来上がった竹のランプシェードと記念撮影!

自分が一から模様を選び組み合わせて出来た世界でひとつだけの竹のランプシェード。

模様を組み合わせたり、模様の位置決めがとても大変でした💦

機会があれば竹細工に挑戦してみたいです!!


この竹のランプシェードは亀鶴公園で開催される「長尾ショウブまつり」のライトアップ時に展示されます!

6月4日(日)・6月11(土)の19:00〜21:00のみ登場します。

ぜひ、ワークショップで完成した個性あふれるランプシェードの灯りを楽しんでみてください!




さぬき市遊学のススメ「竹でランプシェードを作ってみよう!」 ※終了
開催日時/2023年5月6日(土)10:00〜12:00・14日(日)10:00〜12:00
会場/バンジョイ塾(香川県さぬき市長尾東872-3)【地図】
参加費/初級編2500円(税込・2個制作分材料費込み)・中級編3000円(税込・1個制作分材料費込み)
定員/各コース20名
対象者/7歳〜(子どもは保護者同伴)
持ち物/汚れてもいい服装・滑り止めの手袋・飲み物
申し込み・お問い合わせ先/087-894-1601(さぬき市観光協会)

【関連記事】
posted by sanuki-asobinin at 08:00| 香川 ☀| Comment(0) | イベント・お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。